Project

1食110円未満
学校で「痩せすぎ」と注意される
物価高で
十分な食事がとれない
子どもたちがいます

キッズドアの活動を支えるマンスリーサポーター募集

あと21で達成!

現在

979

目標

1,000

2024年4月12日現在
(次4/15更新予定)
あなたのご寄付で、子どもたちに“今より明るい未来”を 寄付で支える 寄付で支える

ご存じですか?

未曽有の物価高で
痩せていく
子どもたちがいることを

3年間続いたコロナ禍により、
多くの貧困家庭では収入が減り、生活が制限されました。
コロナ禍を耐え抜いた貧困家庭の子どもたちは今、
未曽有の物価高により食事を減らすなど、さらなる我慢を強いられ続けています。

Problem子どもたちの食事が
足りていません

栄養バランスのとれた食事だけでなく、十分な量の食事を用意することも難しい状態です。約半数の世帯では、一人当たりの食費を「月に1万円未満」で生活しています。学校が休みに入る期間は給食が無くなるため、さらに食費を切り詰めることになります。

夏休みの食事の不安の具体的な内容(複数回答)

2021年(n−1281)−2023年(n−1400)調査の比較

夏休みの食事の不安の具体的な内容(表) 夏休みの食事の不安の具体的な内容(表)

家族全員の1ヶ月の食費

一人当たり食費が1万円/月未満=1食当たり110円未満の家庭が5割

出典:困窮子育て家庭への緊急アンケート調査より(2023年6月 キッズドア実施)

Episode子育て家庭のエピソード
苦しい中で必死に生きる親子がたくさんいます

物価高騰により、食料の質をさらに落とすしかなく、育ち盛りの子どもにも栄養不足を感じます。お腹が空いても水を飲んでごまかす。学校の健康診断でも、子どもは痩せすぎで注意を受けましたが、どうしようもない状態です。

私は食費を抑えるためになるべく食べないようにしています。下の子は「大人はご飯を食べなくても大丈夫」だと思ってしまっている。栄養不足で会社の定期検診の結果が悪くなりました。通院する予算がもったいない。

Problem貧困が招く負の連鎖

貧困家庭の子どもたちは、現在の生活困窮に限らず、さらに複合的な問題を抱えています。心身の健康や発達への影響に加え、様々な体験、対人コミュニケーションの不足や学習資源へのアクセスの制限等が、自己肯定感や学力の低下、孤独・孤立などの問題にそれぞれ深く結びついています。


こうした環境が変わらない限り、子どもや家庭だけでこの悪循環から抜け出すことは難しく、結果として困難な生活状況が親から子へと引き継がれていってしまいます。「学習支援」や「居場所支援」、「生活支援」等を通じて、この負の連鎖を断ち切ることを目指しています。

夏休みの食事の不安の具体的な内容(表)

参考:秋田喜代美・小西祐馬・菅原ますみ編著「貧困と保育」 かもがわ出版 2016年

悪循環を切り抜けるためのイメージ

Donations to childrenあなたのご寄付で子どもたちに
“今より明るい未来”を届けることができます

例えばあなたのご寄付でこんなことができます
  • 1,000円の
    ご寄付で…

    毎月2人分の体験活動の交通費を支援する

  • 3,000円の
    ご寄付で…

    居場所型学習会で毎月10食分の食事を提供する

  • 10,000円の
    ご寄付で…

    生徒1人に約4か月分の学習支援を行う

例えばあなたのご寄付でこんなことができます
  • 10,000円の
    ご寄付で…

    約10世帯へ支援物資を届ける

  • 50,000円の
    ご寄付で…

    生徒1人に2教科分の教材を用意する

  • 100,000円の
    ご寄付で…

    生徒1人に約3か月分の学習支援を行う

Voices子どもたちの声
Initiatives“すべての子どもが
夢や希望を持てる社会”を
目指します

生まれてきた環境を理由に将来の夢を諦めるようなことはあってはなりません。
すべての子どもたちが明るい笑顔で未来を切り拓くことができるよう、
キッズドアでは様々な角度から支援を行っています。

  • 無料学習支援

    進学をはじめとする将来に向けて、無料で学習をサポートする教室を運営しています。

  • 居場所型学習会

    学習だけでなく、無料で⾷事等の⽣活⽀援も⾏う居場所支援事業を運営しています。

  • 困窮子育て家庭支援

    全国の子育て家庭を対象に、無料で物資・情報・就労支援を提供しています。

数字で見る2022年の活動

  • 年間学習会
    開催回数

    6,688

  • ご協力いただいた
    企業や団体

    251社・団体

  • ファミリーサポート物資&
    情報&就労支援対象者数

    延べ317,869

  • 学習会の生徒数合計

    小学生 237人
    中学生 862人
    高校世代 931人

    2,030

About us認定NPO法人
キッズドアとは

2009年設⽴以来、⽇本の⼦どもの貧困課題の解決に取り組んでいます。
困窮家庭の⼩学⽣〜⾼校⽣・⾼校中退した若者を対象に、無料学習会や勉強とともに⾷事等の⽣活⽀援も⾏う
居場所型学習会を、東京とその近郊、及び宮城で展開しています。
2020年からは「ファミリーサポート」というシステムを作り、ご登録いただいた全国の⼦育て家庭を対象に、
情報⽀援や⾷料・⽂房具⽀援、保護者への就労⽀援も⾏っています。

理事長紹介

認定NPO法人キッズドア理事長

渡辺 由美子

千葉大学工学部卒。大手百貨店、出版社を経て、フリーランスのマーケティングプランナーとして活躍。
2001年から2002年にかけて家族でイギリスに移住し、「社会全体で子どもを育てる」ことを体験する。
準備期間を経て、2007年任意団体キッズドアを立ち上げる。2009年内閣府の認証を受け、NPO法人キッズドアを設立。
「親の収入格差のせいで教育格差が生じてはならない!」との思いから、経済的に困難な子どもたちが無理なく進学できるよう、日本のすべての子どもが夢や希望を持てる社会を目指し、子どもの貧困問題解決に向けて活動を広げている。

  • こども家庭庁こども家庭審議会 こどもの貧困対策・ひとり親家庭支援部会 臨時委員
  • 厚生労働省 社会保障審議会生活困窮者自立支援及び生活保護部会委員
  • 一般社団法人全国子どもの貧困・教育支援団体協議会 副代表理事
お知らせ情報
一覧を見る
  • お知らせ

    【スタッフの声】医療系進学を希望する子どもたちへの支援

  • お知らせ

    【スタッフの声】不登校の子どもたちを支援する

  • お知らせ

    【スタッフの声】外国にルーツを持つ子どもたちを支える

  • お知らせ

    【食料支援】「冬の食料支援」実施報告会を行いました

Donations to children子どもたちの未来を守るために
いま、あなたの力が必要です

以下の方法で決済いただくことができます。

口座振替をご希望の方はこちら

利用規約にご同意の上、金額を選択してください

お申込み規約

1. 特定商取引に関する法律に基づく表示

名 称:特定非営利活動法人キッズドア
設 立:2007年1月
理事長:渡辺由美子
所在地:〒104-0033 東京都中央区新川2-1-11 八重洲第1パークビル7階
連絡先:TEL: 03-5244-9990 FAX: 03-5244-9991 info@kidsdoor.net (電話受付時間:10時~18時 平日のみ)

2. 個人情報の利用目的

当サイトは利用者の個人情報の保護を第一に考え運営しております。当サイトの寄付申し込みフォームからお送り頂いた個人情報は、キッズドアのプライバシーポリシーに従い、寄付関連業務の遂行及びこれに関するご連絡、キッズドアからのお知らせのためにのみ利用させていただきます。

3. 退会手続

退会をご希望の方は、メール(kifu@kidsdoor.net) にてご連絡ください。退会手続完了の翌月末をもって退会となります。

4.取り消し不可

一度お申し込みになった寄付 ・会費は、その理由に関わらず取り消すことができません。お申し込みの際には、よくお申し込み内容をご確認をいただいた上でお手続きしていただけますよう、お願いいたします。

5. クレジットカードの情報及びセキュリティーについて

クレジットカードの情報(カード番号)は、決済代行会社(アナザーレーン株式会社)のシステムを通じて管理されており、キッズドアが保持することはありません。またデータの送信には「SSL (Secure Sockets Layer)」による暗号化通信技術を使用しています。入力された情報は送信される際に、このSSLによって暗号化されるため、第三者に個人情報が漏れることはございません。

※いただいたご寄付は、キッズドアが行う事業全般へのご寄付としてお預かりし、各種支援を支える運営費等に活用いたします

以下の方法で決済いただくことができます。

※いただいたご寄付は、キッズドアが行う事業全般へのご寄付としてお預かりし、各種支援を支える運営費等に活用いたします

以下のフォームからお申し込みください。
自動返信メールにて、お振込先の口座情報をご連絡いたします。

※いただいたご寄付は、キッズドアが行う事業全般へのご寄付としてお預かりし、各種支援を支える運営費等に活用いたします

法人としてのご支援をお考えの方へ

キッズドアは、子ども達の支援に一緒に取り組んでくださる法人の方を求めています。
ご寄付をはじめ、物資や食品による支援や子どもたちへのプログラム提供など
様々な形でのご支援が可能です。まずはお気軽にご相談ください。

FAQよくあるご質問
  • キッズドアへの寄付は寄付金控除の対象になりますか?
    はい、キッズドアは東京都から寄付金控除先として指定された「認定NPO法人」です。マンスリーサポーターによる毎月のご寄付も税制優遇の対象となります。また、お住まいの住所地によっては、住民税についても寄付金控除等の対象となる場合がありますので、詳しくはお住まいの自治体にお問い合わせください。
    個人の寄付金控除についての資料はこちらから
  • 領収書は発行してもらえますか?
    はい、個人の方からのご寄付の場合、年に1度(2月上旬を目処)、前年の寄付額の合計金額を記載した領収書を郵送します。領収書は当団体にてご入金が確認できた日付で発行しております。クレジットカードでの決済の場合、お申込み日ではなく、各決済会社から当団体に入金された日付となりますのでご注意ください。
  • 寄付はいくらから受け付けていますか?
    毎月継続してご支援いただくマンスリーサポーターは1,000円からプランのご用意がございますが、銀行振込・郵便振替・現金書留で都度ご寄付をいただく場合、お好きなタイミングで、ご希望の金額でご支援いただくことができます。
    今回の寄付をする
  • マンスリーサポーターになったら、毎月いつごろ引き落としされますか?
    クレジットカードでの決済の場合、申込日が決済日となります。翌月以降も毎月同じ日が決済日となりますが、引き落とし日はクレジットカード会社ごとに異なりますので、クレジットカード会社の明細などでご確認ください。
  • マンスリーサポーターの寄付額を変更することはできますか?
    はい、いつでも変更できます。ただし、当団体で課金額を変更することができないため、以下の流れでお願いしております。
    • お問い合わせフォームより、金額変更の旨をご連絡いただく。
    • 新たにご希望の金額プランにお申し込みいただく。
    • お申し込み確認後、現在ご登録いただいてる金額プランをキッズドアで課金停止する。

© Kidsdoor