調査・提言・啓発

Investigation, Recommendation, and Advocacy

今、起こっている
子ども達・子育て家庭の
危機を社会に伝える

子どもの貧困、虐待、いじめ、不登校など、子どもや子育て家庭を取り巻く課題の解決は、
キッズドアの力だけでは不十分です。
日本中の全ての人々がこの問題を「自分ごと」として捉えていただくために活動を行っています。

政策提言・
コレクティブインパクト

現場の子どもや保護者の様子を伝え、法律や制度の改善を目指します。理事長渡辺はこども家庭庁や厚生労働省の子どもの貧困関連の委員などをつとめています。また、同じ志を持つ企業や行政、他のNPO等他団体との協働を進めています。複数の団体が力を合わせ、それぞれの得意とする分野のノウハウ・リソースを活用することによって、キッズドアだけでは解決できなかった課題に取り組むことが可能となり、社会的にも大きなインパクトを生み出しています。

実現した施策

2016年には児童扶養手当の複数子加算の増額、2017年には困窮家庭の子どものための給付型奨学金の創設が実現しました。2022年以降では、低所得家庭の子どもへの一人5万円の給付金や、高等教育の修学支援新制度(給付型奨学金)の所得制限の緩和が実現しました。少子化対策への発言の機会もいただき、児童手当の18歳までの延長につながりました。

調査研究

調査室の設置により、的確なアンケート調査を迅速に実施し、レポートを政府や政治家に届けています。記者会見も積極的に行い、多くのメディアに取り上げていただくことで、子どもの貧困の実態や課題を広く社会に発信し、必要な支援について提言することで、子どもを取り巻く環境の改善につなげています。

講演・イベント

現代の日本における子どもの現状をより多くの人に知ってもらうために、講演・イベントを行っています。「そんなことが起こっているとは知らなかった」と参加者の皆様からお声を聴くたびに、この活動の重要性を感じます。講演・イベントのご依頼はお問い合わせフォームにてお待ちしております。

この活動に関する
キッズドアの
ニュース&トピックス

  • 静岡新聞(紙面・電子版) 「オンライン居場所」に関する調査結果と実施について

    メディア掲載

    子どもの貧困

    体験格差・IT格差

    学習支援・居場所支援・児童館運営

    調査・提言・啓発

  • 中日新聞電子版 姉妹団体「キッズドア基金」代表の名古屋での講演紹介

    メディア掲載

    子どもの貧困

    教育格差

    学習支援・居場所支援・児童館運営

    調査・提言・啓発

  • 教育新聞電子版  困窮家庭の高校生対象 オンライン学習支援報告会についての記事掲載 

    メディア掲載

    子どもの貧困

    教育格差

    学習支援・居場所支援・児童館運営

    調査・提言・啓発

  • 『厚生福祉』誌 「能登半島地震から考える 災害とこどもまんなか社会」理事長渡辺執筆

    メディア掲載

    調査・提言・啓発

  • 聖教新聞 理事長渡辺のインタビュー記事掲載(『第三文明』誌からの転載)

    メディア掲載

    子どもの貧困

    ファミリーサポート事業

    調査・提言・啓発

  • 【3月8日14:00-15:30】困窮世帯の高校生に向けた オンライン学習支援の効果に関する調査研究報告会

    【3月8日14:00-15:30】困窮世帯の高校生に向けた オンライン学習支援の効果に関する調査研究報告会

    お知らせ

    教育格差

    学習支援・居場所支援・児童館運営

    調査・提言・啓発

ニュース&トピックス一覧へ

ご支援のお願い

Donation

私達とともに
子ども達の
未来を
変えませんか

認定NPO法人キッズドアの活動は、支援者の方々のご寄付や、ボランティアにより成り立っております。寄付での支援を通して、子ども達に学びや体験の機会を届けませんか。

月額

本フォームは、クレジットカードでのご登録になります。

上記以外の金額をご希望の方は直接ご入力ください

本フォームは、クレジットカードでのご登録になります。

いつまでも、どこまでも、
子どものために

Achievements

長年続けてきた活動が、
確実に実を結んでいます。

  • 学習支援を届けた生徒

    2,048

    2023年度の実績

  • 開催した学習会

    5,653

    2023年度の実績

  • 支援を届けた子どもと親

    603,860

    2023年度 情報・物資等支援 延べ人数

TOP